【若手/実践家に聞きました】

 

ii07 shiino 

    

 

 

 

大妻女子大学講師  椎野 睦先生

(先生の御所属はインタビューがされた当時のものです。)
 
 
 
********************************************

①どのような分野・現場で臨床にかかわっていますか?

 現在、病院(精神科)にて心理士、ハローワークにて心理カウンセラー、(NPO法人)MCR不登校・ひきこもり研究所にてこころの家庭教師派遣コーディネートおよび家族療法を中心とした保護者への面接を行なっています。

②研究テーマはなんでしょうか?

 「抑うつの相互作用モデル」に関して大学院時代から若島孔文先生、佐藤宏平先生のご指導・ご助言の下、研究を続けています。

家族療法は臨床にどう役立つか、どう役立てていますか?

 技法的には「変化の速さ」と「広角的なアプローチ」が有効であると感じます。それゆえに注意しなければならないところも大きいと感じますが。
 家族療法・ブリーフセラピーのシステマティックな考え方や変化についての考え方は、私にとって心理臨床に関わる上でOSであると感じます。それゆえ、家族療法の理解が深まるにつれ、他の心理臨床の理論やアプローチの大切さを感じることも多いです。

④家族療法家を志したきっかけを教えてください。

 学部時代、研修生としてプレイセラピーや青少年へのカウンセリング等を行なっていました。その時、ケースカンファレンスで他の先生方が家族療法を用いられているのを見て有効性・必要性を感じました。また、当時東豊先生の『セラピストの技法』を読み、感銘を受けたのも覚えています。本格的に志したのは大学院時代に若島先生と出会った頃からです。アプローチや認識そのものへの衝撃もありましたが、何よりユーモアを重視されていたところが私にとって大きかったです。人が困ったとき、悩んでいるときの「笑い」をどう考えることができるかということは、心理臨床家の道を志したときのきっかけでしたから。

⑤お勧めの本(臨床心理の本に限らず、臨床に役立つもの)は?

 心理臨床の本はいっぱいありすぎて絞れないです。なので、それ以外を個人的にあげますと、ユーモアの参考書として土屋賢二先生の本はよく読んでいます。また映画「パッチアダムス」の考え方は大切にしています。あと養老孟司先生の『逆さ眼鏡』は教育や子育て等について興味深く書かれていると思います。

⑥師・影響を受けた人は誰ですか?

 心理臨床においては、昔から本当に多くの先生方からご指導いただいてきましたが、家族療法に関して、そして院生時代よりの心理臨床のスーパーバイザーは若島孔文先生です。若島先生には心理臨床のスーパーバイズ以外にも、多くのご指導・ご厚情を賜りました。

臨床家のたまごに先輩として一言

 「倦ねる学びを恐れるならば、震える自分を知ればいい」

私の好きな言葉のひとつです。

 心理臨床は学び続けることが求められる世界であると感じます。時に努力しても答えが見えにくく、無力感と挫折感を味わうこともあると思います。そんなときは、学び続けることと同じくらい、今、自分が何を感じているかに気づくことも大切であると感じます。

 

Copyright © 2017 家族心理.com. All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU General Public License.