若手家族心理学研究/家族療法家に聞きました

?

                        

     

ii05 saitou
 
 
 
 
 
 
 
 
山口福祉文化大学講師 
齋藤暢一朗 先生
(先生の御所属はインタビューがされた当時のものです。)
 
 

********************************************

どのような分野・現場で臨床に携わっていますか?

現在は小学校のスクールカウンセラーと精神科で勤務しています。他には大学の相談室やNPOがあります。また、福祉施設で心理士として勤務していた経験もあります。

研究テーマはなんでしょうか?

一番深くコミットしているテーマは「訪問援助」です。一見、家族とは関係のないテーマのように思えますが、面接場面に訪れることが難しい子どもや青年を抱えているのはやはり家族です。母子平行面接にしろ、子どもと一緒に「相談に行ってみよう」というように外に出ることができない親子、家族には何らかの特徴があるでは、と考えています。そこにあるコミュニケーションパタンやストーリーに関心を持っています。研究としては現在その土台の段階ですが、今後は「訪問」という特殊な援助形態の背景にある家族関係にフォーカスしていきたいと思っています。

家族療法は臨床にどう役立つか、どう役立てていますか?

経験の浅いカウンセラーほどクライエントに「どうしたらいいですか?」と質問をされてしまうというようなことを本で読んだことがあります。そして、臨床経験の浅い僕もそれに漏れずよく「どうしたらいいですか」というように質問されることが多いです。家族療法では他に比べ介入を積極的に行うので、話しを聞いていく中で「こういうのはどうだろうか」という見立てはたっていきます。「どうしたらいいですか」と問われて即答することは少ないですが、その方に役に立ちそうな提案を後々できるはずだというスタンスでいるのでドカッと座っていられることが僕には大きいです。(本当は体重が増えたせいかもしれませんが…)

 

臨床家を志したきっかけは何ですか?

高校生の頃はマーケティングに関心がありました。進路もそういったことが学べる方向を考えていましたが、たまたまカウンセラーの職業を本で読んだことがきっかけですっかりマーケティングへの関心は薄れ、見通しも立てないまま臨床の方向に進みました。ですからそんなよくわからない進路を応援してくれた両親にはとても感謝しています。

家族療法家を志したきっかけは何ですか?

若島先生(立正大学)の講義に出席したことがきっかけです。大学の講義は如何に後ろの席に座るかというのが大事な作業でしたが、先生の講義は例外的に最前列の席に座っていました。前の方に座ると先生に唐突に話を振られてしまうのですが、それも楽しみでした。面白くてわかりやすかったので当時は気がつきませんでしたが、今思うと、非常に高度なお話までされていたんだなと思います。

お勧めの本(臨床心理の本に限らず、臨床に役立つもの)を教えてください。

団士郎先生の「新編・家族の練習問題―木陰の物語―」が最近読んだ中では一番でした。ブリーフセラピー的に言えば、別の行動やコミュニケーションが拘束されている「その人その人」の描写がすごいなと思いました。臨床家でない方が読んでも人を見る幅が広がると思います。個人的にはこの本の中の「選べない日々」という章が印象に強く残っています。

お勧めの論文を教えてください。

高野光拡・若島孔文・吉田克彦(2006)「DVの問題を抱える家族に対する訪問援助の一事例」,カウンセリング研究,38,(4)426-433.

訪問援助ではこの論文のような多角的なアプローチが有効なのだろうと思います。訪問援助は調査を行うといろいろな制約があることがわかりましたが、そのような中でも援助資源を十分に活かした事例だと思います。

師・影響を受けた人は誰か

先ほどと重なりますが、若島先生には臨床だけでなく、研究においても大変お世話になっています。そしてその研究室の方々にも強い影響を受けています。
 家族療法は親子関係を扱うことが多いですが、永井徹先生(首都大学)には家族療法とは違った切り口の親子関係の見方をいただいていると感じます。いつも僕が見えていないところを的確に気づかせてくださいます。そのような中で僕が家族療法との違う見方に困惑して強く葛藤するということがないのが不思議です。やはりそれは人に共通する大事なポイントを話していただいているのだと思います。また、研究に関しては下川昭夫先生(首都大学)です。スローなうえにすぐに行き詰まる僕の研究の遂行に何度も助けていただいています。そのほかにも実習先の先生や首都大の「ロールシャッハ研」の先輩方など、ここではあげ切れないほど多くの方に影響を受けています。

臨床家のたまごに先輩として一言

僕のような立場で何かアドバイスできることを探すのはとても難しいのですが、仲間や先輩とのロールプレイは非常に成長の機会になっています。ビデオ撮影して後からそれを見ながらいろいろと率直にディスカッションする作業が今の臨床の血肉となっている部分が大きいです。臨床の現場がない時期も現場に出てからも良いトレーニングになると思います。


 

Copyright © 2017 家族心理.com. All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU General Public License.